外国人技能実習生受け入れ事業について

協同組合ビジネスプラザでは様々な事業を行っており、その中には外国人技能実習生受け入れ事業と呼ばれるものもあります。

外国人技能実習生受け入れ事業とは国際貢献を目的としたもので、外国人を企業が受け入れてトレーニングを行い、技術や知識を授けるというものです。

実習生は習得した技術や知識を自国に持ち帰り、自国の発展につなげるのに役立てられます。

実習生の出身国は主にベトナムやタイ、カンボジアや中国などで、受け入れ企業の要望に基づいて実習生が紹介されます。

実習生が入国した後は協同組合ビジネスプラザが研修や監視などを行います。

またどのような企業でも外国人技能実習生を受け入れられるわけではなく、定められた条件を満たしている必要があります。

TOP